****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

エレミヤ書

文字サイズ:

12. 「エレミヤ書」の瞑想

ベレーシート

  • エレミヤは、ヨシヤの治世13年に預言者として召され、エホアハズ、エホヤキム、エホヤキン、ゼデキヤの時代を経て、エルサレム陥落後まで活動した預言者です。それはイスラエルの歴史において、大きな曲り角に当たる、最も悲劇的な時代を生きた預言者です。つまり、ユダ王国がバビロン捕囚という破局に向かって進んでいた時代、まさに動乱の時代に神のことばを語ることがエレミヤに定められた召しでした。エレミヤは「涙の預言者」と言われるほどに、悲しみを体験した預言者でもあります。
  • エレミヤはバビロン捕囚という破局の証人であるばかりか、その出来事の深い秘密についての解説者でもあるのです。エレミヤ書をじっくりと瞑想することによって、神の心臓にふれることができることを期待したいと思います。
  • 最後に、エレミヤ書はエゼキエル書とは異なり、年代順に記述されていません。したがって、聖書通読によって理解できる書ではありません。整理して読む必要があります。

イルメヤーフー

画像の説明

Jeremiah


エレミヤ書の瞑想

2012.12.28~2013.4.23

No.聖書箇所タイトル瞑想日
011章1~3節表題 エレミヤのプロフィール2012.12.28
021章4~10節エレミヤの召命(1)2013.01.11
031章11~19節エレミヤの召命(2)2013.01.12
042章1~13節初めの愛から離れたイスラエルの民2013.01.15
052章14~37節イスラエルに対する神の問いかけ2013.01.16
063章1~25節あり得ない神の呼びかけ 2013.01.18
074章1~25節神の警告のことば「さもないと」2013.01.19
085章1~31節神の葛藤2013.01.23
096章1~30節いこいのある幸いな道を見いだせ2013.01.25
107章1~34節「天の女王」崇拝への審判2013.01.29
118章1~22節鳥も自分の帰る時を守るのに・・2013.01.30
129章1~26節誇る者は、主にあって誇れ2013.02.01
1310章1~25節主よ。あなたに並ぶ者はありません2013.02.02
1411章1~23節わたしの愛する者2013.02.08
1512章1~17節「私の心の愛するもの」「私のぶどう畑」2013.02.09
1613章1~27節腐ってしまった亜麻布の帯2013.02.12
1714章1~22節祭司的預言者としてのエレミヤ2013.02.13
1815章1~21節預言者としての使命に動揺するエレミヤ2013.02.15
1916章1~21節エレミヤの独身生活は一つの象徴的行為2013.02.16
2017章1~27節人の心は何よりも陰険で、それは直らない2013.02.19
2118章1~23節陶器師の手の中にある粘土のように2013.02.20
2219章1~15節砕かれた陶器師の器2013.02.22
2320章1~18節エレミヤの労苦と苦悩2013.02.23
2421章1~18節ユダの最後の王ゼデキヤの愚かさ2013.02.26
2522章1~23章8節王宮の廃墟とメシヤ出現の約束 2013.02.27
2623章9~40節偽預言者たちの語るメッセージ2013.03.01
2724章1~10節二つのかごに入ったいちじくの啓示2013.03.02
2825章1~38節「七十年」と「主の燃える怒り」という語彙2013.03.05
2926章1~24節エレミヤをかばった人々2013.03.06
3027章1~22節バビロンの王に仕えて生きよ(軛の預言)2013.03.08
3128章1~17節預言者ハナヌヤとの対決2013.03.09
3229章1~32節捕囚の民に書き送ったエレミヤの勧告の手紙2013.03.12
3330章1~24節イスラエルとユダの回復の預言 2013.03.13
3431章1~22節イスラエルとユダの回復のヴィジョン2013.03.15
3531章23~40節「見よ。その日が来る。」新しい契約2013.03.16
3632章1~40節「この国で再び畑が買われるようになる。」2013.03.22
3733章1~26節理解を越えた大いなる事 2013.03.23
3834章1~22節政治の世界は、常に駆け引き2013.03.26
3935章1~22節「彼ら(レカブ人)に酒を飲ませよ」2013.03.27
4036章1~32節巻き物を切り裂き、火で焼いたエホヤキム2013.03.29
4137章~38章生きるか死ぬか、究極の選択を迫るエレミヤ2013.03.30
4239章1~18節エルサレム陥落2013.04.03
4340章~41章ゲダルヤの総督としての任命と暗殺2013.04.05
4442章~43章7節致命的な誤りをもたらした根源的要因2013.04.06
4543章8節~44章エジプトへ逃れた者たちへのさばきの預言2013.04.09
4645章1~5節バルクに対するいのちの保障の約束2013.04.10
4746章1~28節ユダの王エホヤキムの第四年に(BC.605)2013.04.12
4847章1~7節ペリシテ人に対する主の剣(ヘレヴ)2013.04.13
4948章1~47節モアブに対する主のミシュパート2013.04.16
5049章1~50節バビロン帝国の支配領域と諸国民のさばき2013.04.17
5150章1~46節主に争いをしかけたバビロン2013.04.19
5251章1~58節主に仕える御使いたちの表象2013.04.20
5351章59~64節エレミヤがバビロンの滅亡のすべてを記した時2013.04.20
5452章1~34節エホヤキンに対する優遇措置とその意味2013.04.23

印は「メシア預言」、印は北イスラエルを含む回復の預言。

画像の説明


トピック


画像の説明


2012.12.26


a:38446 t:29 y:31

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional