****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し完成します。******

瞑想(2) 「形造る」

ヨッド瞑想(2) 「形造る」

テキスト | 瞑想(1) | 瞑想(3)

  • 73節にある「あなたの御手が私を造り、私を形造りました。」ということば、前者の「あなたの御手が私を造り」とは、私を創造されたという意味です。しかし、後者の「私を形造る」というのはどういうことなのか、この訳ではイメージがつかめません。しかし原語を調べるてみると、ここで使われている動詞はクーンכּוּן(kun)で、「堅く立てる」「堅く据える」という意味です。このことばが礼拝用語、つまり、人から神に向けられた意味になると、「(私の心は)ゆるぎません」「(私の心は)定まりました」という意味になります。
  • 詩篇119篇73節のクーンכּוּןは恩寵用語として使われています。他に、詩篇119篇では以下のように3回使われています。
    119:5
    「どうか、私の道を堅くしてください。あなたのおきてを守るように。」
    119:90
    「あなたの真実は代々に至ります。あなたが地を据えたので、地は堅く立っています。」
    119:133
    「あなたのみことばによって、私の歩みを確かにし、どんな罪にも私を支配させないでください。」
  • このように、クームכּוּןのイメージは、私を神の御前にしっかりと立たせる、堅く立たせる、確固とした、不動の者としてくださるというイメージです。これはまさに神が私の創造者であるゆえに可能なことであり、人だけでなく、神が選んだ都であるシオンに対しても、同様に、神はとこしえに打ち立てられるとしています。
  • 信仰によって堅く立つことの大切は、新約時代の私たちにも語られています。使徒パウロはこう述べています。
  • 「あなたがたを堅く立たせる事のできる方」(ローマ16:26)
  • 「神に感謝すべきです。神は、私たちの主イエス・キリストによって、私たちに勝利を与えてくださいました。ですから、愛する兄弟たち、堅く立って、動かされることなく、いつも主のわざにはげみなさい。あなたがたは、自分たちの労苦が、主にあってむだでないことを知っているのですから。」(Ⅰコリント15:57~58)
  • 使徒ペテロも同じくこう述べています。
    「あらゆる恵みに満ちた神。すなわち、あなたがたをキリストにあって、その永遠の栄光の中に招き入れてくださった神ご自身が、あなたがたをしばらくの苦しみのあとで、完全にし、堅く立たせ、強くし、不動の者としてくださいます。(Ⅰペテロ5:10)
  • 使徒ユダは手紙の最後に次のように述べています。
    「あながたをつまずかないように守ることができ、傷のない者として、大きな喜びをもって、栄光の御前に立たせることのできる方に、栄光、尊厳、支配、権威が、永遠の先にも、今も、また世々限りなくありますように。アーメン」(24, 25)

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional