****** 詩篇は、神と私たちの生きた関係を築く上での最高のテキストです。******

共観福音書はもともとヘブライ語で伝えられた

共観福音書はもともとヘブライ語で伝えられた


  • ミルトス社の河合一充氏は「くだん日記」で以下のように書いています。

 私のライフワークは、「新約聖書の共観福音書はもともとヘブライ語で伝えられ、ヘブライ語を学べばもっと深く福音書は理解できる」という信念で、キリスト教徒の間にヘブライ語への関心をもってもらうこと。

言い換えれば、イエス・キリストの言葉はアラム語であった、という定説をひっくり返すことである。
ちゃんとヘブライ語を話し、ヘブライ語で祈り、ヘブライ語で教えられた。
当時のエルサレムの人々もそうだった。
これはシュムエル・サフライ元ヘブライ大学の教授から学んだことである。

それに関連して、マタイ伝がもともとヘブライ語原文だった痕跡があるので、紹介したい。
洗礼者ヨハネのことばに、
「『我々の父はアブラハムだ』などと思ってもみるな(自慢するな、ということ)
 神はこんな石からでも、アブラハムの子たちを造り出すことがおできになる」(3・9)(造り出す、というより「起こす」のが適切)

ここの「石」と「子」はヘブライ語でアバニームとバニーム(それぞれ複数形)である。聖書の原文は、実は語呂合わせになっている。アラム語ではこうならない。洗礼者ヨハネがヘブライ語で人々に語った、その可能性は大きい。

面白くない? すいません。でも覚えて、「石」はエベン、「子は」ベンといいます。(単数形)


  • ちなみに、マタイの福音書3章9節のヘブル語訳を以下に掲載しておきます。

画像の説明
画像の説明


【新改訳改訂第3版】
マタ 3:9 『われわれの父はアブラハムだ』と心の中で言うような考えではいけない。あなたがたに言っておくが、神は、この石ころからでも、アブラハムの子孫を起こすことがおできになるのです。

2013.2.11


a:2265 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional