****** 詩篇は、神と私たちの生きた関係を築く上での最高のテキストです。******

「イェシュア・ベン・ヨセフ」が意味すること

2. 「イェシュア・べン・ヨセフ」が意味すること

【聖書箇所】 マタイの福音書1章18~25節

ベレーシート

  • イェシュアの父である「ヨセフ」に注目したいと思います。ヨセフとイェシュアとは、実際には血のつながりのない親子(父子)関係なのですが、血筋的、系図的にはヨセフとイェシュアは父子関係なのです。ここでひとつの問いかけですが、なぜイェシュアの父親の名前が「ヨセフ」なのか、そのことについて考えたり、注目したりする人はおそらく少ないのではないかと思います。たまたま「ヨセフ」という名前だったのでは、と思っている人が多いと思います。しかし実はイェシュアの父親の名前が「ヨセフ」であったということの中に、神の深い秘密が、神の緻密なご計画のシナリオが隠されているのです。
  • 聖書に関する一つの学問の領域に「Name Theology」(名前の神学)というものがあります。最近、私は聖書をユダヤ的・ヘブル的視点から読むときに、この領域は非常に重要だと感じ始めています。人や部族の名前だけでなく、地名も含む固有名詞におけるつながりの世界です。
  • 聖書では神の名前もいろいろな呼び方がなされています。例えば、「エローヒーム」
    (אֱלֹהִים)は複数の神の表現ですが、独一性を意味する創造の神の名前です。他に、「エール・エルヨーン」(אֵל־עֶלְיוֹן)は「いと高き神」、「エール・シャッダイ」(אֵל־שַׁדַּי)は「全能の神」。「アドーナーイ・ツェヴァーオート」(יהוה צְבָאוֹת)は「万軍の主」、「ヤーウェ、エホバ」(יהוה)は神聖四文字で「」と表記されます。みだりに名を唱えてはならないと十戒にあるので、ユダヤ人はそれを「アドナイ」と発音します。へブル語の固有名詞にはみな意味があります。従って、神の独自の固有名詞の名前にもすべて意味があります。神の固有名詞を知ることは神を知ることでもあるのです。ダビデは、「主」という方を「私の羊飼い」(アドーナーイ・ローイ)と名付けました。そしてその方にあって「私は乏しいことは何一つない」(ロー・エフサール)と告白しています。つまり、「アドーイ・ローイ」である方は、私のすべての必要を満たす方であって、私は何一つ不足なことがないという意味なのです。
  • 名前にも地名にも意味があるというのが「Name Theology」の世界で、特に、聖書をユダヤ的・ヘブル的視点から読んでいく場合には密接にかかわってくる分野だと思います。そのためにはヘブル語の知識がどうしても必要となってきます。ヘブル語なんて、神学校とか専門家のレベルだと思われる方が多いと思いますが、これからの時代のクリスチャンホームの子弟、あるいは教会学校に来ている子どもたちには、当たり前のようにそれを教えて行かなければならない知識だと私は確信しています。
  • われらの救い主であるイエス、そのヘブル名は「イェシュア」ですが、その意味するところは「救い」です。私たち日本人が名前の前に苗字を持っているように、ヘブル人たちも苗字に当たるものを持っています。ただし、彼らの場合の苗字は「〇〇の子」、あるいは「地名」です。ちなみに、イェシュアの場合、「ヨセフの子イェシュア」とか、「ナザレのイェシュア」と呼ばれますが、「ヨセフの子」「ナザレの」の部分が苗字の役割を果たしています。名前と職名が一つになって「イェシュア・メシア」(イエス・キリスト)という言い方もあります。
  • ところで、マタイの福音書ではイェシュアの誕生の時に、イェシュアの父となるヨセフが登場します。ところが、イェシュアがこの地上に遣わされて、贖い(身代わりの死)という使命を成し遂げられた後に、そのイェシュアの亡骸を引き取って自分のために備えてあった墓に葬った人物が登場します。その人の名前は「アリマタヤのヨセフ」です。イェシュアのマリヤの胎における懐妊と死、イェシュアの人生の始まりと終わりに「ヨセフ」という名前がかかわっているのです。これは単なる偶然でしょうか。それともそこに隠された何らかの巧妙なつながりが意図されているのでしょうか。聖書をユダヤ的な視点から、ヘブル的視点から読むということは、こうしたことにも着目し、その意味するところを思い巡らすことでもあるのです。なぜなら、神から遣わされた御子イェシュアはそれまでの旧約聖書の中に啓示されてきたことを満たす(実現、成就する)ために遣わされたからです。つまり、イェシュアは旧約ときわめて深いつながりをもっている存在だからです。
  • 前回の瞑想でも取り上げたように、イェシュアの生まれた場所は「ベツレヘム」でした。クリスマスのあらゆる出来事―ローマ皇帝アウグストスの住民登録の勅令とそれによるヨセフとマリヤのナザレからベツレヘムへの移動、力ある者がベツレヘムで生まれるというミカ書の預言、ダビデの出生地、最初にイェシュアの誕生の知らせを聞いた羊飼いたちの存在、東方の博士たちの来訪、ヘロデによる二歳以下の男の子の殺害、ルツとボアズの結婚など、すべての事柄がベツレヘムという惑星を中心に回っている衛星のように緻密に位置づけられているのです。とすれば、イェシュアの父の名前が「ヨセフ」であったということも決して偶然のことではなく、必然的な神の意図があったに違いないと信じます。「ヨセフ」という名前の中に隠された秘密とは何かを探ってみたいと思います。

1. ヨセフという人物のプロフィール(従来の視点)

  • マタイの福音書1章19節を見てみましょう。そこにはいいなづけのマリヤの懐妊を知ったヨセフの恐れがあります。「夫のヨセフは正しい人であって、彼女をさらし者にしたくはなかったので、内密に去らせようと決めた。」とあります。それはどういうことでしょうか。このヨセフの決断の背景には、ヨセフが許嫁(いいなずけ)のマリヤから「聖霊によって」懐妊したことを聞かされていたという前提があります。しかし果たしてそのことを誰が信じることができるでしょう。ヨセフが恐れたのはもっと差し迫った現実的な問題でした。マリヤはヨセフにこのことを伝えたことでいくらか心が軽くなったに違いありません。しかしヨセフは逆に大きな重荷をかかえることになったのでした。ここでヨセフについてスポットを当ててみたいと思います。

【新改訳改訂第3版】マタイの福音書1章18~25節
18 イエス・キリストの誕生は次のようであった。その母マリヤはヨセフの妻と決まっていたが、ふたりがまだいっしょにならないうちに、聖霊によって身重になったことがわかった。
19 夫のヨセフは正しい人であって、彼女をさらし者にはしたくなかったので、内密に去らせようと決めた。
20 彼がこのことを思い巡らしていたとき、主の使いが夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。
21 マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。」
22 このすべての出来事は、主が預言者を通して言われた事が成就するためであった。
23 「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。)
24 ヨセフは眠りからさめ、主の使いに命じられたとおりにして、その妻を迎え入れ、
25 そして、子どもが生まれるまで彼女を知ることがなく、その子どもの名をイエスとつけた。


(1) ヨセフが「正しい人」であった
①律法(トーラー)に忠実な者、厳格な人。
②神とのかかわりが「義(ただ)しい人」(岩波訳)、あるいは「曲がったことのきらいな性格」(L.B)を意味します。

(2)「彼女をさらし者にはしたくなかった」
①他の男と関係をもった娘をめとることは、律法が禁じていました。また、婚約中の女性が相手以外の男性と寝た場合は、姦通罪として厳罰に処せられました(申命記22章23~24節)。
②このまま婚約を続けていれば、マリヤは不貞を犯したということで周りから責められ訴えられることになります。不貞の罪は石打ちで処刑されるのが律法の定めでした。新改訳の「さらし者にはしたくなかった」とは、別訳では、柳生訳「表ざたにするにしのびず」、新共同訳、フランシスコ会訳「表ざたにするのを望まず」、山岸訳「公に暴露したくなかった」とあります。これはヨセフのマリヤに対する愛のゆえであったと思われます。

(3)「内密に去らせようと決めた」
①マリヤに対する愛のゆえに、ヨセフは彼女との婚約をひそかに解消して、縁を切って別れる決断をしたということ
②しかも二人が遠く離れて会えない状態にすること
③マリヤには内緒で、すべてを内密に済ませるつもりでいたということ。
④このヨセフの決断は、自分が愛し、大切に思っていた彼女を失うことを意味していました。岩波訳「ひそかに離縁しようと思った」、柳生訳「ひそかに彼女との婚約を解消しようと考えていた」、フランシスコ会訳「ひそかに離縁しようと決心した」、新共同訳「ひそかに縁を切ろうと決心した」


●以上のようなことを、ヨセフは「思い巡らしていた」(柳生訳「思い悩んでいた」)のです。これはヨセフのマリヤに対する愛と責任感の強さを物語っています。職業は大工です。その人格はとても責任感のある「正しい人」で几帳面な性格。しかも優しい人であったのです。


  • しかし、このような見方では、イェシュアの父は「ヨセフ」という名前でなくても良かったのです。イェシュアの父親の名前が「ヨセフ」でなければならなかった必然性は果たしてあるのでしょうか。あるとすればいったいどこにあるのでしょうか。実は、この箇所にひとつのヒントが置かれているのです。そのヒントとは、ヨセフが御使いのメッセージを「夢の中で聞いている」ということです。
  • まさに「夢見るヨセフ」です。・・興味深いことに、主の使いがヨセフに語るときには、いずれも「夢の中」に現われて語っています。4回―マタイ1:20~23/2:13/2:19~20/2:22。しかも、ヨセフは夢の中で語られた主の使いのことばに何のためらいもなく素直に従っています。この従順さこそヨセフの特質と言えます。「おことばどおりこの身になりますように」というマリヤの従順がたたえられることが多いのですが、ヨセフの従順もマリヤにひけを取らぬほどです。しかしなぜ主の使いはヨセフに対しては「夢」の中に現れるのかが不思議です。しかも主の使いがヨセフに一方的に語っているという点でも一貫しています。祭司ザカリヤにしても、処女マリヤにしても、羊飼いにしても、主の使いが現われていますが、それは夢の中ではなく、みな目に見える形で現われてメッセージを語っています。使徒の働きでも、御使いは使徒ペテロに現われますが、その場合にも、わざわざ寝ているペテロを起こして、それから語りかけています(使徒12:7)。にもかかわらず、なぜヨセフだけが特別に「夢の中で」語られているのでしょうか。その点にこそ、あることを明確に示唆していると言えます。その示唆していることとは、旧約の「ヨセフ」という人物です。

2. 「ヨセフ」という名前の必然性は、旧約の「ヨセフの生涯」にある

  • 「ヨセフ」という名は、旧約聖書では創世記37章以降の主人公で、父ヤコブから偏愛された子の名前でした。後にエジプトの宰相となって父ヤコブと自分の兄弟たちを救うことになる人物ですが、彼は実は「夢解きの名人」でした。イェシュアの父となるヨセフは、マリヤとは異なり、夢の中でメッセージが告げられています。おそらくそれは、旧約のヤコブの11人目の息子「ヨセフ」の生涯と密接につなげようとする意図があるからだと考えられます。単に「夢見るヨセフ」だけでなく、ヨセフの生涯そのものが、イェシュアの生涯を啓示しているという事実によるものだと考えられます。
  • イェシュアの父がヨセフという名前であったことは決して偶然ではありません。イェシュアの生涯のすべての事柄や出来事は、予め、神の緻密なご計画によって啓示され、仕組まれていたのです。イェシュアがベツレヘムという場所で生まれたことも、またガリラヤで宣教を開始されたことも、また受難という苦しみを受け、十字架にかかられたことも、またその時期も、そして息を引き取られた時刻もすべて神のご計画のシナリオにそったことなのです。そうした神の秘密を知るとき、私たちは歴史を支配し、歴史を動かして導いておられる神の主権性に驚かされるのです。旧約で起こった出来事が、一つの型として、不思議にも繰り返されるのです。そうした神のシナリオに対して目が開かれることは、これから神がどのようにご自身のご計画を実現されるのかが見えてくるのではないかと思います。神とともに歩むとは、神のご計画を知り、夢を解き明かすように、神の隠された秘密が何かを知りつつ、そこに自らを合わせていくことだと信じます。

3. ヨセフの生涯に啓示されているイェシュアの生涯

  • 「ヨセフ」という名前が聖書ではじめて登場するのは創世記です。ヤコブの最愛の妻ラケルが産んだ子、それがヨセフでした。ヤコブにとっては11番目の子どもです。ヨセフという名前は母ラケルが付けた名前です。その名前が意味することは「主がもうひとりの子を加えてくださるように」という願いを込めてつけられた名前です。このラケルの祈りが聞かれて、もうひとりの息子、ヤコブにとっては最後の息子であるベニヤミンが生まれるのです。ヘブル語で「加える、引き継ぐ」という動詞を「ヤーサフ」(יָסַף)と言いますが、そのことばから派生した名前が「ヨセフ」なのです。つまり、ヨセフという名前は、彼の後に加えられる者がいること、彼に続く、引き継ぐ存在がいることを啓示しているのです。
画像の説明
  • ちなみに、ヨセフに「加えられた」のが弟のベニヤミンでした。これは一つの型で、イェシュアの使命を引き継ぐために最後に選ばれた使徒がパウロです。しかも彼はベニヤミン族の出身なのです。このつながりも実に興味深いものがあります。聖書にはこのようなかかわりが至る所に隠されているのです。なにしろ聖書の歴史のドラマのシナリオの制作者は神であり、しかもディレクターも神なのですから、そんなことは当然と言えば当然なのですが、そうした隠された秘密を発見することで、「心が燃える」経験をさせられるのです。「Name Theology」―ますます興味深くなっていく分野です。
  • さて、今回の焦点となっている「ヨセフ」、その「ヨセフの生涯」の一つひとつが、実は「イェシュアの生涯」を啓示しています。以下に、そのことを検証してみたいと思います。

4. イェシュアと旧約聖書

  • このように、ヨセフの生涯が驚くほどイェシュアの生涯と重なっているのです。このことは何を意味するでしょうか。あるとき、イェシュアはご自分に反対するユダヤ人たちに対して、「あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べています。その聖書(旧約聖書)が、わたしについて証言しているのです。」(ヨハネの福音書5章39節)と言われたことがありました。メシアであるわたしについて証言しているのに、あなたがたはいのちを得るためにわたしのもとに来ようとはしません。」と。
  • 旧約聖書には、イスラエルの律法、歴史、預言、知恵、詩篇などが記されています。それはすべてイェシュアがお生まれになる前の話であり、一部の預言を除いては、直接的にイェシュアを証ししているようには見えません。にもかかわらず、イェシュアは「これらはわたしについてなされた証言である」と言われました。そのことがとても大切なのです。逆に言えば、旧約聖書を読むならば、イェシュアのことがいろいろな形で指し示されているということなのです。
  • エマオの二人の弟子がイェシュアが十字架にかかって死んでしまわれたことに絶望して、エルサレムを離れて自分たちの村に帰ろうとしたその途上で、復活されたイェシュアが彼らに近づきました。そして彼らに聖書を解き明かして、「メシア」は苦しみを受けて、それから栄光に入るはずなのではと説明されました(ルカの福音書24章25~27節)。二人の弟子たちは、イェシュア自ら聖書をひもといて話していかれるのを聞いて心が燃やされて、信仰を取り戻したことが記されています。この時、イェシュアがお用いになった聖書は旧約聖書です。
  • イェシュアの「苦難の後の栄光のメシア」についての解き明かしがどのような内容であったのか分かりませんが、「苦難の後に栄光を受ける」というのはヨセフの物語を象徴しているのです。というのは、ヨセフはまさに不条理な苦難の後にエジプトを支配することを王から任されるという栄光を受けた人物だからです。それはイェシュアの生涯を啓示するものです。栄光を受ける前の苦難の「型」は、ダビデが王となる前の10余年の放浪生活や、あるいはユダ王国のバビロン捕囚にも表されています。預言者エレミヤはバビロンへの捕囚のことを「わざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ」として主の計画について語りました。まさにこれこそ栄光の前の苦難の経験です。そして「終わりの日」には、ユダヤ人が反キリストによって未曾有の苦難を経験することにもつながっています。
  • 使徒パウロもコリント人への手紙第一15章で次のように述べています。

【新改訳改訂第3版】
3 私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、
4 また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、
5 また、ケパに現れ、それから十二弟子に現れたことです。

  • 「聖書の示すとおりに」(聖書に書いてあるとおり)と、パウロが繰り返し語っています。ここでパウロが「聖書の示すとおりに」と言っているのも、「旧約聖書」のことです。新約聖書がイェシュアを証しする書物であることは言うまでもありませんが、旧約聖書もまたイェシュアが私たちの救い主であるということを力強く証言するあかしの書物なのです。ユダヤ人たちの旧約聖書は今日のキリスト教とは配列も分類も異なりますが、いずれにしても、旧約聖書全体を通して、救い主イェシュアのことについて啓示している書物であることには何ら変わりありません。
  • イェシュアの父の名前が「ヨセフ」であったことは決して偶然のことではなく、必然性をもっています。というのは、「ヨセフ」という名前が、イェシュアの苦難と栄光の生涯を啓示するにふさわしい名前であったということなのです。
  • すべては神が語られ、神が啓示し、神が約束されたことがイェシュアを通して実現されるのだというその遠大な神のご計画を、私たちはもっと深く知り、そのゆるぎなさ、その確かさに触れていく必要があるのです。そのとき私たちは、あのエマオの途上にあった二人の弟子たちのように、「心燃える経験」をすることになると信じます。この経験は神の心を尋ね求める者にとってきわめて大切なものであり、聖霊による啓示と驚き、そして喜びをもたらす経験です。永遠のいのちはそのようにして新たに息づくのだと信じます。

2012.12.9


a:3491 t:2 y:8

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional