****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

イサクに対する神の約束

創世記6 イサクに対する神の約束


  • イサクの使命は、父アブラハムから受け継いだ土地に「とどまる」ことであった。しかし、一つのところにとどまることは簡単なようで実は難しいものである。
  • 飢饉に襲われたときにイサクはペリシテ人が住むゲラルに移動したとき主はこう言われた。

「エジプトへは下るな。
わたしがあなたに示す地に住みなさい。あなたはこの地に、滞在しなさい。わたしはあなたとともにいて、あなたを祝福しよう。それはわたしが、これらの国々をすべて、あなたとあなたの子孫に与えるからだ。こうしてわたしは、あなたの父アブラハムに誓った誓いを果たすのだ。
そしてわたしは、あなたの子孫を空の星のように増し加え、あなたの子孫に、これらの国々をみな与えよう。
こうして地のすべての国々は、あなたの子孫によって祝福される。これはアブラハムがわたしの声に聞き従い、わたしの戒めと命令とおきてとおしえを守ったからである。」(26章2~5節)


  • またイサクがベエル・シェバに戻った時、主が現われて言った。

「『わたしはあなたの父アブラハムの神である。恐れてはならない。わたしがあなたとともにいる。
わたしはあなたを祝福し、あなたの子孫を増し加えよう。わたしのしもべアブラハムのゆえに。』」(26章24節)・・

  • 神への信仰のゆえに、イサクは父の約束を受け継いだ。

a:2643 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional