****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

主イエスの栄光の顕現(2)

文字サイズ:

14. 主イエスの栄光の顕現(2)

【聖書箇所】 1章14節

画像の説明

【新改訳改訂第3版】
その頭と髪の毛は、白い羊毛のように、また雪のように白く、その目は、燃える炎のようであった。

【新共同訳】
その頭、その髪の毛は、白い羊毛に似て、雪のように白く、目はまるで燃え盛る炎、

【エマオ訳】
そして彼の頭と髪の毛は、白い羊毛のように、また雪のように白く、そして彼の目は燃える糸のようであり、


1. 頭とその髪の毛の白さが意味するもの

  • 栄光のキリストのヴィジョン、その方の頭とその髪の毛は、雪のように白く、羊毛にも似た純白さは、神の神聖さ、聖性、あるいは永遠性を表わす象徴です。
  • ダニエル書7章9節には、「年を経た方が御座に着かれた、その衣は雪のように白く、頭の毛は混じり毛のない羊のようであった。」とあります。神の御座は常に光に包まれており、その光の中心は常に白色です。御座が白いように、栄光のキリストの頭も髪の毛も白いのは、とりわけ神の聖性を表わすものであり、決して老衰のせいではありません。

2. 燃える炎のような目が意味するもの

  • 栄光のキリストの目は、宇宙のすべてのものを見通す目を持っておられます。何ものも隠し得ることはできません。しかし、ここでいう「燃える炎のような目」とは、「人の子のような方」が諸教会の真中におられることを忘れてはなりません。その燃える炎のような目は、教会に対する激しい燃えるような愛、妬むような激しい愛を象徴しています。キリストにとって、教会はご自身の花嫁なのです。


2013.12.4


a:2806 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional