****** キリスト教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

序.「イェシュアはキリスト(メシア)です」


序.「イェシュアはキリスト(メシア)です」

べレーシート

  • 私たちがしばしば使っている「イエス・キリスト」ということばは、「イエスはキリストです」という初代教会の信仰告白です。その頭に「主」ということばをつけて、「主イエス・キリスト」という言い方もします。「主」はローマの皇帝に使われる称号「キュリオス」(κύριος)で、ヘブル語の「アドナイ」(יהוה)を意味します。「イエスはキリストである」と告白する者が、「キリスト者」と呼ばれたのです。
  • 「イエス・キリスト」、ヘブル語では「イェシュア・ハマシーアッハ」(יְשׁוּעַ הַמַּשִׁיחַַ)、ギリシア語では「イエスース・ホ・クリストス」(Ἰησοῦς ὁ Χριστός)、英語では「ジーザス・クライスト」(Jesus Christ)と言います。「イエス・キリスト」というのは、イエスが名前(固有名詞)で、キリストが苗字ということではありません。「キリスト」は職名です。ちなみに、「ヨセフの子イエス」とあれば、苗字に相当するのは「ヨセフの子」の部分です。
  • 「キリスト」とは、神の働きのために特別な力と権威を授けるため「油注がれた者」を意味します。旧約では、「王」「大祭司」「預言者」にのみ任職の油が注がれました。したがって、「イエス・キリスト」とは、イエスが神からの任職の油を注がれた「王」であり、「大祭司」であり、「預言者」という告白的表現なのです。初代教会においては、「イエスがキリストであった」ということが「良き知らせ」(福音)でした。この福音が人々を救うので、「救い主」とも言われているのです。「救い」は「福音」からもたらされるのです。

1. 「イェシュアがキリストである」ことが、初代教会にとっての「福音」であった

  • 「イェシュアは救い主」ですという言い方は決して間違いではありませんが、「救い主」という言い方は、「・・から救ってくださる主」ということが背景にあり、当然、それは「罪からの救い」ということに焦点が当てられます。しかしそれはイェシュアが「キリスト」でなければ、成り立たないことなのです。しかも「キリスト」という表現は、旧約のイスラエルの物語が土台となっています。その土台がはぎ取られるとき、「イェシュアは救い主です」ということが前面に押し出されますが、初代教会の信仰の告白は「イェシュアはキリスト」であったのです。使徒パウロも伝道旅行において聖書(旧約=タナフ)を拠り所として、イェシュアが「メシア」(キリスト)であったことを、心血を注いで論証したのです。
  • 共観福音書(マタイ、マルコ、ルカ)の前半は、「イェシュアとはだれか」ということが扱われています。

【新改訳2017】マタイの福音書16章13~17節
13 さて、ピリポ・カイサリアの地方に行かれたとき、イエスは弟子たちに「人々は人の子をだれだと言っていますか」とお尋ねになった。
14 彼らは言った。「バプテスマのヨハネだと言う人たちも、エリヤだと言う人たちもいます。またほかの人たちはエレミヤだとか、預言者の一人だとか言っています。」
15 イエスは彼らに言われた。「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」
16 シモン・ペテロが答えた。「あなたは生ける神の子キリストです。」
17 すると、イエスは彼に答えられた。「バルヨナ・シモン、あなたは幸いです。このことをあなたに明らかにしたのは血肉ではなく、天におられるわたしの父です。

●並行記事として、
(1)マルコの福音書8章27~30節・・「あなたは、キリストです。」
(2)ルカの福音書9章18~20節・・「神のキリストです」とあります。
※いずれも「キリスト」という言葉が共通しています。

  • 福音書の後半のテーマは、上記にあげた前半の結論、すなわち「あなたはキリストです」の直ぐ後に何度も繰り返して出てきます。それは、「キリストはなにゆえに来られたのか」ということです。換言するなら、キリスト(メシア)の苦難と栄光が綴られています。それは聖書(旧約)全体の中に預言されていたことで、イェシュアはその実現者(完結者)として遣わされたのです。

【新改訳2017】マタイの福音書 16章21節
そのときからイエスは、ご自分がエルサレムに行って、長老たち、祭司長たち、律法学者たちから多くの苦しみを受け、殺され、三日目によみがえらなければならないことを、弟子たちに示し始められた。

並行記事として、
(1)【新改訳2017】マルコの福音書8章31節
それからイエスは、人の子は多くの苦しみを受け、長老たち、祭司長たち、律法学者たちに捨てられ、殺され、三日後によみがえらなければならないと、弟子たちに教え始められた。

(2) 【新改訳2017】ルカの福音書9章22節
そして、人の子は多くの苦しみを受け、長老たち、祭司長たち、律法学者たちに捨てられ、殺され、三日目によみがえらなければならない、と語られた。

  • いずれも、メシアは「捨てられ」「殺され」「よみがえる」という事実が語られています。

2. 使徒の働きにおける「福音」の宣教

  • 初代教会における「福音」は、イェシュアがキリストであるという事実でした。使徒の働きを見るなら、そのことが歴然としています。

(1) 使徒ペテロ

①【新改訳2017】使徒の働き2章36節
ですから、イスラエルの全家は、このことをはっきりと知らなければなりません。神が今や主ともキリストともされたこのイエスを、あなたがたは十字架につけたのです。 (2:24 しかし神は、イエスを死の苦しみから解き放って、よみがえらせました。この方が死につながれていることなど、あり得なかったからです。)

② 【新改訳2017】使徒の働き3章20節
そうして、主の御前から回復の時が来て、あなたがたのためにあらかじめキリストとして定められていたイエスを、主は遣わしてくださいます。 (新改訳改定第三版では、「それは、主の御前から回復の時が来て、あなたがたのためにメシアと定められたイエスを、主が遣わしてくださるためなのです。」と訳されています。「回復の時」とはメシアの再臨の時です。)

③【新改訳2017】使徒の働き5章42節
そして、毎日、宮や家々で教え、イエスがキリストであることを宣べ伝え続けた。

(2) 伝道者ピリポ

【新改訳2017】使徒の働き8章12節
しかし人々は、ピリポが神の国とイエス・キリストの名について宣べ伝えたことを信じて、男も女もバプテスマを受けた。(神の国とイェシュアがキリストであることの関係を、ピリポは宣べ伝えています。)

(3) 使徒パウロ

①【新改訳2017】使徒の働き9章22節
しかし、サウロはますます力を増し、イエスがキリストであることを証明して、ダマスコに住むユダヤ人たちをうろたえさせた。

②【新改訳2017】使徒の働き17章2~3節
2 パウロは、いつものように人々のところに入って行き、三回の安息日にわたって、聖書に基づいて彼らと論じ合った。
3 そして、「キリストは苦しみを受け、死者の中からよみがえらなければならなかったのです。私があなたがたに宣べ伝えている、このイエスこそキリストです」と説明し、また論証した。

③【新改訳2017】使徒の働き18章5節
シラスとテモテがマケドニアから下って来ると、パウロはみことばを語ることに専念し、イエスがキリストであることをユダヤ人たちに証しした。(「証しした」を、新改訳改定第三版では「はっきりと宣言した」と訳されています。)

④【新改訳2017】使徒の働き 28章31節
少しもはばかることなく、また妨げられることもなく、神の国を宣べ伝え、主イエス・キリストのことを教えた。

(4) 伝道者アポロ

【新改訳2017】使徒の働き18章28節
聖書によってイエスがキリストであることを証明し、人々の前で力強くユダヤ人たちを論破したからである。


2019.5.1


a:1077 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional