****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

第二回「セレブレイト・スッコート」



特別集会 第二回「セレブレイト・スッコート」


画像の説明

画像の説明

今年の「セレブレイト・スッコート」にはいくつかの特長があります。その一つは、毎日の朝、集会の始めに「聖餐」をすることです。これはキリストの十字架による「神の恵みの福音」を想起しつつ、キリストの再臨による「御国の福音」に与る恵みを待ち望むことです。「聖餐」に込められている主の食卓のさまざまな面を味わいたいと思います。

もう一つの特徴は、最初の礼拝から終わりの礼拝に至るまで、ペテロの手紙(Ⅰ・Ⅱ)を「生ける望み」という終末的視点から、八日間にわたって瞑想するというものです。



Ⅰ・Ⅱペテロの手紙の瞑想

No.聖書箇所タイトルPDFDate担当
1Ⅰ・1章パラレリズムとヘブル的考察PDF10.16礼拝神田
2Ⅰ・2章立派な生き方を示すこと(1)10.17瞑想銘形
3Ⅰ・3章立派な生き方を示すこと(2)10.18瞑想銘形
4Ⅰ・4章迫害に備えて、自分自身を武装する10:19瞑想銘形
5Ⅰ・5章へりくだり、立ち向かいなさい10:20瞑想銘形
6Ⅱ・1章主を知る知識の重要性10.21瞑想銘形
7Ⅱ・2章にせ教師が現われるようになる10:23瞑想銘形
8Ⅱ・3章新しい天と新しい地を待ち望むPDF10.23礼拝銘形


聖研発表文書 「主の再臨と安息」

No.タイトルPDF発表
1神の創造の目的と神の安息PDF銘形
2「第七日目」の神の安息PDF銘形
3安息日を週の初めの日とする聖書的根拠の有無の検証PDF銘形
4ヘブル的視点から見る「八日目」(週の初めの日)の意義PDF銘形
5安息と再臨(ヘブル的パラレリズムの視点から)PDF神田
6イェシュアの安息への招き(マタイ11:28~30)PDF西川
7永遠の安息PDF銘形


2016.10.4


a:1439 t:4 y:4

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional