****** キリスト教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

3章11~12節


創世記 3章 11~12節

【新改訳2017】創世記3章11~12節

11 主は言われた。
「あなたが裸であることを、だれがあなたに告げたのか。」
「あなたは、食べてはならない、とわたしが命じた木から食べたのか。」
12 人は言った。
「私のそばにいるようにとあなたが与えてくださったこの女が、
あの木から取って私にくれたので、私は食べたのです。」

【聖書協会共同訳】創世記3章11~12節

11 神は言われた。
「裸であることを誰があなたに告げたのか。
「取って食べてはいけないと命じておいた木から食べたのか。」
12 人は答えた。
「あなたが私と共にいるようにと与えてくださった妻、
その妻が木から取ってくれたので私は食べたのです。」

יא וַיֹּאמֶר מִי הִגִּיד לְךָ כִּי עֵירֹם אָתָּה הֲמִן־הָעֵץ אֲשֶׁר צִוִּיתִיךָ לְבִלְתִּי אֲכָל־מִמֶּנּוּ אָכָלְתָּ׃
יב וַיֹּאמֶר הָאָדָם הָאִשָּׁה אֲשֶׁר נָתַתָּה עִמָּדִי הִוא נָתְנָה־לִּי מִן־הָעֵץ וָאֹכֵל׃

ベレーシート

●11~12節は、神である主の第二、第三の問い掛けがなされています。それに対て、人がそれに答えています。

1. 主の第二の問い掛け

●問い掛けは、相手に事の次第の説明を求めることを意味します。神の問い掛けの第一は、「あなたはどこにいるのか」でした。それは単に場所を尋ねているのではなく、より深い意味で「あなたがいるべきところはどこか」を考えさせ、思い起こすことを願ってのことでした。11節の第二の問い掛けはどういう意味でしょうか。原文直訳するとこうです。「だれがあなたに告げたのか。あなたが裸であることを。」と。このような結果になるとは、誰も告げていないのです。神が11節で「あなたが裸であることを、だれがあなたに告げたのか。」とあえて問い掛けているのは、あなたはだれによって惑わされたのかという問いかけでした。神はそのことを人に考えさせたかったのです。

●蛇であるサタンは「それを食べるそのとき、目が開かれて、あなたがたが神のようになって善悪を知る者となることを、神は知っているのです」と述べただけで、「裸になる」とは一言も言っていません。むしろ、「それを食べるそのとき、目が開かれて、あなたがたが神のようになる」と教えたのです。女は「それを見た」のです。6節の原文には「そして見た」から始まっています。女がどのように見た(View)のかを6節は記しています。それはいかにも「食べるのに良さそうで、目に慕わしく、またその木は賢くしてくれそうで好ましかった」とあります。そこには彼女自身の魂(「ネフェシュ」)、すなわち、自分の知性と感性と意思によって判断し、善悪の知識の木の実を食べてしまったのです。そしてそれを夫にも食べさせました。その結果、彼らの目は開かれ、裸であることを知ったのでした。

●彼らはまんまと蛇にだまされたのです。11節の「あなたが裸であることを、だれがあなたに告げたのか。」という問いは、あなたはだれによって惑わされたのかという問いかけであったのです。あなたをだましたのはだれかという問いかけです。このことを悟ることは重要です。ところが、人はこの問い掛けに答えることができませんでした。神と自分との関係を壊すようなものがいるなどとは全く考えもしなかったし、しも人は直接に蛇からの語りかけも聞いてはいなかったからです。

●後の時代に、人が裸であることを教えようとした人々がいます。その人々とは、「だれでも行いによる義の衣を身に着けるように」と教えた宗教指導者たち、サドカイ派の人々、パリサイ人たちや律法学者たちです。イェシュア彼ら(ユダヤ人)に対して次のように言っています。

【新改訳2017】ヨハネの福音書8章43~44節
43 あなたがたは、なぜわたしの話が分からないのですか。それは、わたしのことばに聞き従うことができないからです。
44 あなたがたは、悪魔である父から出た者であって、あなたがたの父の欲望を成し遂げたいと思っています。悪魔は初めから人殺しで、真理に立っていません。彼のうちには真理がないからです。悪魔は、偽りを言うとき、自分の本性から話します。なぜなら彼は偽り者、また偽りの父だからです。

●彼ら(サドカイ派の人々、パリサイ人たちや律法学者たち)は、「悪魔である父から出た者であって、あなたがたの父の欲望を成し遂げたいと思っている」、つまり、偽りの父の言うことを信じて、行っているのだとイェシュアは述べています。最初の人であるアダムも、自分たちをだまし、惑わした者が何者であるかを知りませんでした。サタンの惑わしとはこのようなものなのです。

2. 神の第三の問い掛け

●第三の神の問い掛けは「あなたは、食べてはならない、とわたしが命じた木から食べたのか」でした。この問い掛けに対して、人は答えています。答えは「はい」と言えばいいところを、「私のそばにいるようにとあなたが与えてくださったこの女が、あの木から取って私にくれたので、私は食べたのです」と答えています。これは言い逃れであり、責任転嫁です。「この女が、あの木から取って私にくれたので、私は食べたのです」という何とも情けない話ですが、信仰の父と言われるアブラムとその妻サライにも同じことが起こっているのです。

3. 創世記16章の出来事

●創世記16章全体を思い起こしたいと思いますが、「牧師の書斎」にあるを参照してください。神の約束を信じることができなかったサライは、自分の考えで、夫アブラムに女奴隷のハガルを与えます。そのことでイシュマエルが生まれます。ところが、ハガルは自分の女主人であるサライに対して横柄な態度を取るようになるのです。


4. この出来事におけるパウロのアレゴリー的解釈

●創世記16章の話から、使徒パウロは以下のようにアレゴリー的解釈をしています。

【新改訳2017】ガラテヤ人への手紙4章22~26節
22 アブラハムには二人の息子がいて、一人は女奴隷から、一人は自由の女から生まれた、と書かれています。
23 女奴隷の子は肉によって生まれたのに対し、自由の女の子は約束によって生まれました。
24 ここには比喩的な意味(ἀλληγορέω)があります。この女たちは二つの契約を表しています。一方はシナイ山から出ていて、奴隷となる子を産みます。それはハガルのことです。
25 このハガルは、アラビアにあるシナイ山のことで、今のエルサレムに当たります。なぜなら、今のエルサレムは、彼女の子らとともに奴隷となっているからです。
26 しかし、上にあるエルサレムは自由の女であり、私たちの母です。

●アブラハムをアダムに、サラをエバに、そして「善悪の知識の木の実」をハガルとその子どもに当てはめてみてください。ここでパウロは語っていることは実は驚くべきことです。パウロはガラテヤ人の手紙において、真の福音を空洞化する律法主義(=外なる人)をことごとく糾弾しています。かつてパウロ(サウロと言われていた当時)は、まさに律法主義のただ中に生きていた人物でした。そのパウロがこの手紙の中で次のように述べています。

【新改訳2017】ガラテヤ人への手紙1章13~14節
1:13 ユダヤ教のうちにあった、かつての私の生き方を、あなたがたはすでに聞いています。私は激しく神の教会を迫害し、それを滅ぼそうとしました。
1:14 また私は、自分の同胞で同じ世代の多くの人に比べ、はるかにユダヤ教に進んでおり、先祖の伝承に人一倍熱心でした。

●ところが、その彼がダマスコ途上でイェシュアと出会ったのです(使徒9章)。その結果、彼の目は盲目となり、三日目に「目から鱗のようなものが落ち」、霊的な目が開かれ、イェシュアこそメシアてあると確信できたのです。使徒としてのパウロの新しい誕生です。それ以来、彼はイェシュアがメシアであることを、聖書を通して論証し、律法の行いではなく、信仰によって救われることを宣べ伝えたのです。ガラテヤ教会もその宣教によって建てられました。ところが、エルサレムから来た者たちが律法主義によって行いによる救いを説き、教会にいる人々を惑わしたことで、この手紙が書かれたのです。

●その手紙の中で、アブラハムの二人の妻サラとハガルの話をアレゴリー的に解釈しているのです。その解釈よれば、「ハガルは、アラビアにあるシナイ山のことで、今のエルサレムに当たります(=神殿を中心とするユダヤ教)。なぜなら、今のエルサレムは、彼女の子らとともに奴隷(=罪と死のトーラー、文字の教え)となっているからです。しかし、上にあるエルサレムは自由の女であり、私たちの母(=約束によってもたらされたの福音)です」と述べているのです。

●ハガルが今のエルサレムで、サラを上にあるエルサレムとして示すだけでなく、断言しています。

【新改訳2017】ガラテヤ人への手紙4章28~31節
28 兄弟たち、あなたがたはイサクのように約束の子どもです。
29 けれども、あのとき、肉によって生まれた者が、御霊によって生まれた者を迫害したように、今もそのとおりになっています。
30 しかし、聖書は何と言っていますか。「女奴隷とその子どもを追い出してください。女奴隷の子どもは、決して自由の女の子どもとともに相続すべきではないのです。
4:31 こういうわけで、兄弟たち、私たちは女奴隷の子どもではなく、自由の女の子どもです。

●ハガルとその子どもとは律法主義(=外なる人)の型と言えます。これを教会から追い出すべきだとパウロは主張しているのです。

2020.6.23
a:250 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional