****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

永遠のいのち

聖餐のための瞑想(3) 「永遠のいのち」

ベレーシート

  • 今回の「聖餐」のための瞑想のテーマは「永遠のいのち」です。

【新改訳改訂第3版】ヨハネの福音書6章54節
わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、永遠のいのちを持っています。わたしは終わりの日にその人をよみがえらせます。


●「永遠のいのち」のギリシア語は「ゾーエー・アイオーニオス」(ζωή αἰώνιος)、ヘブル語は「ハッイェー・オーラーム」(חַיֵּי עוֹלָם)と表記します。旧約では1回限りですが、新約では44回使われています。そのなかでも圧倒的に多いのがヨハネの福音書の17回です。


1. 「永遠のいのち」とは、「御父」と「御子」を知ること

  • 「永遠のいのち」とは何か、それを定義している箇所があります。それはヨハネの福音書17章3節です。

【新改訳改訂第3版】ヨハネの福音書 17章3 節
その永遠のいのちとは、彼らが唯一のまことの神であるあなたと、あなたの遣わされたイエス・キリストとを知ることです。


●この箇所以上に「永遠のいのち」を説明している箇所は他にありません。「永遠のいのち」とは、「御父」と「御子」を知ること、そしてそのかかわりを「知る」ことを意味します。聖書が教える「知る」とは、知識として知るということではなく、人格的な交わりを通して知るということです。「交わり」の概念の「知る」、それが「いのちを持つ」「いのちにあずかる」ことを意味するのです。その「知る」ことの原初的源は「御父と御子との永遠のかかわり」です。御霊はそのかかわりと深く関係しており、その御霊の現われとしてはは、地に人の子として来られたイェシュアと天におられる御父とのかかわりを支える方として、イェシュアに寄り添っておられました。ヨハネの福音書3章34節はこう記しています。「神がお遣わしになった方は、神のことばを話される。神が御霊を無限に与えられるからである。」と。


2. 御父のみこころは、御子を信じる者が永遠のいのちを持つこと

【新改訳改訂第3版】ヨハネの福音書6章40 節
事実、わたしの父のみこころは、子を見て信じる者がみな永遠のいのちを持つことです。わたしはその人たちをひとりひとり終わりの日によみがえらせます。

●ここには御父のみこころが明確にされています。御父が遣わされた御子を見、そして御子が語ることを聞いて信じる者は例外なく、みな、永遠のいのちを持つことができるのです。そのためには、私たちの朽ちるからだが朽ちないからだに変えられる必要があります。その意味では「からだの復活」が不可欠です。それゆえに、「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、永遠のいのちを持っています。わたしは終わりの日にその人をよみがえらせます。」とある通りです。「永遠のいのち」と「よみがえり」には深い関係があるのです。

●イェシュアは「終わりの日」に、ある者たちはイェシュアの空中再臨の時に、ある者たちはイェシュアの地上再臨の時に、「ひとりひとり、よみがえらされる」のです。それゆえ、「使徒たちは、主イエスの復活を非常に力強くあかし」していました(使徒4:33)。使徒パウロも復活のことを絶えず宣べ伝えた一人です。そのパウロがユダヤ人議会でさばきを受けました。その理由をパウロは「私は死者の復活という望みのことで、さばきを受けている」と述べています(使徒23:6)。


【新改訳改訂第3版】ヨハネの福音書 3章16節
神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

●「永遠のいのち」を持つことは、死とさばきから免れることの永遠の保障です。「死からいのちに移っている」ことの霊的保障の現実です。このために、神は多大な犠牲を払ってくださったのです。


【新改訳改訂第3版】ヨハネの福音書5章39節
あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べています。その聖書が、わたしについて証言しているのです。

●この箇所によれば、旧約聖書の中に「永遠のいのち」について証言されていたことが分かります。そしてその「永遠のいのち」は御子イェシュアと深い関係があることが証言されていたのです。


3. 私たちが「永遠のいのち」を持つためにすべきこと

(1) イェシュアの与える水を飲むこと

【新改訳改訂第3版】ヨハネの福音書 4章14 節
しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。

(2) イェシュアのことばを聞いて、イェシュアを遣わした方を信じること

【新改訳改訂第3版】ヨハネの福音書 5章24節
まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしのことばを聞いて、わたしを遣わした方を信じる者は、永遠のいのちを持ち、さばきに会うことがなく、死からいのちに移っているのです。


2017.10.4


a:406 t:3 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional