****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

聖餐のための瞑想


「聖餐」のための瞑想  

聖餐の招き.JPG

●「聖餐」のための瞑想は、第三回「セレブレイト・スッコート」(2017.10.2~8)の朝、七日間においてなされたものです。

「聖餐」のための瞑想

メイン・テキスト

【新改訳改訂第3版】
ヨハネの福音書6章53~58節、63節
53 イエスは彼らに言われた。
「まことに、まことに、あなたがたに告げます。人の子の肉を食べ、またその血を飲まなければ、あなたがたのうちに、いのちはありません。
54 わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、永遠のいのちを持っています。わたしは終わりの日にその人をよみがえらせます。
55 わたしの肉はまことの食物、わたしの血はまことの飲み物だからです。
56 わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、わたしのうちにとどまり、わたしも彼のうちにとどまります
57 生ける父がわたしを遣わし、わたしが父によって生きているように、わたしを食べる者も、わたしによって生きるのです。
58 これは天から下って来たパンです。あなたがたの父祖たちが食べて死んだようなものではありません。このパンを食べる者は永遠に生きます。」

63 いのちを与えるのは御霊です。肉は何の益ももたらしません。わたしがあなたがたに話したことばは、霊であり、またいのちです。


●ヨハネは上記の箇所において「聖餐」の意味を明瞭に記しています。聖餐におけるパンとぶどう酒は、永遠のいのちの世界を指し示す象徴です。目に見える「パン」を食べ、「ぶどう酒(液)」を飲むことを通して、その奥に秘められている神と人との霊的ないのち(交わり)の世界を、信仰によって味わうことが求められています。瞑想はその霊的なかかわりの現実を、ことばに置き換えて理解しようとする試みなのです。

画像の説明

2017.10.2~10.8

No.箇所主題ヘブル語瞑想日
153節人の子「ベン・ハーアーダーム」(בֶּן־הָאָדָם)10.2
254節食べる「アーハル」(אָכַל)10.3
354節永遠のいのち「ハッイェー・オーラーム」(חַיֵּי עוֹלָם)10.4
455節まことの「エメット」(אֱמֶת)10.5
556節とどまる「シャ―ハン」(שָׁכַן)、「リーン」(לִין)10.6
657,58節生きる「ハ―ヤー」(חָיָה)10.7
763節御霊「ハ・ルーアッハ」(הַרוּחַ)10:8


「聖餐式」に込められた神の絶大な恵みと主のご計画が、主にある者たちにとって、より豊かなものとして伝えられ、体験できますように。


2017.10.8


a:1359 t:4 y:4

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional