****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

サムエル記

文字サイズ:

9. 「Ⅰ・Ⅱサムエル記」の瞑想

はじめに

「サムエル記」は内容的にはダビデ記であっても決しておかしくはありません。にもかかわらず「サムエル記」と呼ばれる所以はどこにあるのでしょうか。それはサムエルという預言者が果たした歴史的役割にあります。その役割とは、イスラエに導入された王制の権利、責任、義務などを規定し、神の王国の憲章として公文化したことでした。後の預言書が歴代の王を評価する場合、その王国の憲章にかなっていたかどうかが基準とされたのです。

ちなみに、リビングバイブルはサムエル記を「王国成立記」と題し、列王記は「王国衰亡記」と題しています。サムエル記の瞑想を通して、神の歴史支配の妙を味わっていきたいと思います。



サムエル記の瞑想
2012.5.12~8.24

No. 聖書箇所タイトル瞑想日
第一
011章1~28節ハンナの立てた誓願05.12
022章1~36節ハンナの賛歌に見る「貧しさ」の霊性と家庭教育05.15
033章1~21節サムエルの預言者としての召命05.16
044章1~22節栄光はイスラエルから去った05.18
055章1節~7章2節神の契約の箱の移動ストーリー05.19
067章3~17節最後の士師としてのサムエル05.22
078章1~22節王制導入のいきさつ05.23
089章1~10章16節最初の王として油注がれたサウル05.24
0910章17~11章15節王としての実績を認められたサウル05.25
1012章1~25節王を求める危うさを一貫して警告するサムエル05.29
1113章1~14章52節サウルの王権失脚の発芽06.08
1215章1節~35節サウル王の王位剥奪の真の理由06.09
1316章1節~23節サウル王とダビデの運命的な出会い06.12
1417章1節~58節万軍の主の御名によって立ち向かうダビデ06.13
1518章1節~30節愛される者ダビデ06.15
1619章1節~24節サウルから逃れるはじめるダビデ06.16
1720章1節~42節ヨナタンとダビデの麗しい友情06.20
1821章1節~15節人を恐れたダビデの失態06.23
1922章1節~23節理不尽な出来事を冷静に受けとめたダビデ06.26
2023章1節~29節いつも「主に伺った」ダビデ06.27
2124章1節~23節上着の裾を切り取ったことで「心を痛めた」ダビデ06.29
2225章1節~44節聡明なアビガイルの進言に助けられたダビデ06.30
2326章1節~25節深い眠りを下された主の守りの中にあったダビデ07.03
2427章1~28章2節二重生活の板挟みに陥って行くダビデ07.04
2528章3節~25節位打ちされ、ノックアウトされたサウル07.06
2629章1~30章31節窮地の中で「主の御名によって奮い立った」ダビデ07.07
2731章1~1章27節ダビデの哀悼の歌-「弓の歌」07.10
第二
282章1節~32節サウル家とダビデ家との抗争07.11
293章1節~39節ダビデ、アブネル、ヨアブ、三者三様の思惑07.13
304章1節~12節日和見主義者を決して信用しないダビデ07.14
315章1節~25節全イスラエルの王となったダビデ07.17
326章1節~23節神の箱をエルサレムへ運び上るダビデ07.18
337章1節~29節「わたしはあなたのために一つの家を造る」07.20
348章1節~18節周囲の敵を征服したダビデとその重臣たち07.25
359章1節~13節メフィボシェテに恵みを施したダビデ07.21
3610章1節~19節雨降って地固まる07.28
3711章1節~12章25節夕暮れ時の罠08.06
3813章1節~39節ダビデの長子アムノンが蒔いた欲情の種08.06
3914章1節~33節ヨアブによるダビデとアブシャロムとの和解工作08.07
4015章1節~37節アブシャロムのクーデターとダビデの都落ち08.08
4116章1節~14節ダビデをめぐる人間模様の真相08.10
4216章15節~17章29ダビデの友フシャイの功績08.11
4318章15~19章8節政治の論理と肉親の情の相克に苦しむダビデ08.14
4419章9節~43節ダビデ復権における様々な人間模様08.15
4520章1節~42節ダビデ政権における不満という誘因08.17
4621章1節~22節ダビデの霊性の特徴を表わすエピソード08.18
4722章1節~23章7節ダビデの心の断面を知る歌08.21
4823章8節~39節ダビデの三勇士08.22
4924章1節~25節ダビデの生涯の総括08.24


2012.5.11


a:35101 t:6 y:33

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional